審査は?金利は?プロミスの疑問解決ネット

プロミスでの外国人契約について

プロミスと契約をする場合、日本国籍を持っている成人であれば仕事や収入といった契約条件をクリアさえしていれば何の問題もなく契約手続きを進めることができます。
しかし、外国人の場合、当然のことながら日本国籍がないため、プロミスで契約するのはそう簡単なことではありません。留学生や旅行者などの外国人の場合、近い将来に自分の国へ帰国してしまうため、プロミスなどの業者がお金を融資したとしても返済が行われず貸し倒れとなってしまう危険性が高いからです。そのため、原則として外国人はキャッシングといったサービスを利用することはできないようになっています。
そのため、プロミスと契約をする外国人は日本へ永住しているという条件を満たしている必要があります。そのため、外国人がプロミスで契約をする際には「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要になってきます。
また、プロミスではプロミスと消費者個人との契約となるので、たとえ外国人であったとしても契約書に記載されている内容をしっかりと理解できるだけの日本語力があるということが大事です。
さらにはキャッシングの利用にあたっては総量規制の対象となっているので、安定した収入を継続して得ている必要があります。そのため、外国人であっても日本で仕事に就き、毎月一定の収入を得ていることがキャッシングの契約をする上では非常に大事なことになってきます。もしも、契約条件について分からないことや不安な点があるときには、遠慮をせずに直接コールセンターに電話をかけるようにしましょう。