審査は?金利は?プロミスの疑問解決ネット

プロミスなら連帯保証人は必要?

銀行などで住宅ローンを組むときなどは連帯保証人を立てることがよくありますが、プロミスであれば連帯保証人を立てずに借り入れをすることが可能です。
ひと昔前まではお金を借りるというと書類に印鑑を押したり、連帯保証人を立てなければならないことがあり、お金を借りるために家族や親戚、友人などに頭を下げなければ借り入れをすることができませんでした。
連帯保証人になると、万が一申込みした本人が何らかの理由で返済ができなくなったときに、債務が連帯保証人に回ってしまうので、他人に迷惑をかけるといった可能性もあり、人間関係にも亀裂が入ってしまいます。
プロミスでは連帯保証人を立てての融資は条件としていないので、全て自己責任で借り入れをすることができるのです。
しかしプロミスで融資を受けるためには、20歳以上で安定した収入があることを条件としています。
正社員でなくても派遣社員やパート、アルバイトでも定期的な収入があれば申し込むことが可能です。
融資を受けるためには審査にクリアすることが必須となっていますが、安定した収入があり、他の消費者金融から複数の借り入れをしていなければ、ほとんどの場合は審査に通る可能性が高くなります。
しかし過去に返済できずに債務整理をした経験があった場合などは融資を断られる可能性もあります。
これは申込みをした本人が返済能力があるかどうか、また信頼できる人間であるかどうかを判断するために行っています。